自分の部屋のドアをいきなり開けられる

自宅での最も寛げるプライベートエリアとなるのはもちろん自分の部屋。一旦そこに帰ってくれば途端に気が緩み、たまには誰にも見られたくない活動や行為をしたくなるものですよね。こんな時部屋の鍵が無いと、親兄弟がドアもノックせずいきなり開けて入ってくるケースがあるものです。得てして相手は確信犯的にやっているのかあまり悪気を見せる事もせず、こちらもその態度にカチンときてしまい兄弟喧嘩や親子喧嘩に発展してしまうケースもあるでしょう。

高低差を活かして上から覗き込まれる

高さの違う建物が隣通しでこちらがより低い位置に住んでいるケース。言うまでも無く隣の建物のより高いポジションからは、庭の中や窓際を始めプライベートなエリアを覗き込まれるリスクが高まるもの。こちらも厚手のカーテンで各窓を塞ぎ対抗しようとしますが、日照や通風を捨ててまでプライベートを守るという事に嫌気が差し、そのまま過ごすという人も中にはいるかも知れませんよね。特に隣の高い建物が小学校の校舎の場合、まだ礼儀も知らない小学生が筒抜けとなったこちらの行動を見ていちいち煩く騒ぎ立てるケースもあり、イライラが限界に達する事もあるでしょう。

隣の席からジッと覗き込まれる

一部のケースでは気にするこちら側の自意識過剰な面が強過ぎるのかも知れませんが、喫茶店や各学校の教室等、机の周囲を遮るものが何もない場所では、こちらのプライベートが常に周囲から覗き込まれているという恐怖やリスクを強く感じてしまう人も中にはいるでしょう。せっかくの寛ぎの場であってもこうなっては全く落ち着けませんよね。満室となった教室や満席となって飲食店や喫茶店では、隣の席の人が注意深くジッとこちらを覗き込んで来るケースが意外と多いもの。特に真後ろの席からこちらを覗き込まれると、いい気分がしませんよね。

機密文書というのは、外部への流出を防ぐための工夫が必要となり、厳重な取り扱いが求められます。そのため、廃棄する際にも様々な配慮を行うことが重要です。